依頼したいエレベーターリニューアル業者が見つかるサイト 依頼したいエレベーターリニューアル業者が見つかるサイト

いつ・どこに依頼するべき?
エレベーターリニューアル
すべてがわかるメディア

人の命にも関わるエレベーター。適切にリニューアルをすることで建物の資産価値を高められ、利用者の満足度向上に繋がります。また、新しい部品に変わることで定期点検の回数が減り、ランニングコストの削減にも繋がるでしょう。
ここでは、エレベーターリニューアルを検討している方に向けて基本から業者選びまでまるっと解説します。

エレベーターリニューアル業者の
選び方をさっそくみる

いつ依頼するのが正解?
エレベーターリニューアルを
考えるべき
主な3つのタイミング

エレベーターのリニューアル工事は、適切なタイミングで行わないと、長期間の利用停止で、エレベーター利用者に迷惑が掛かってしまうこともあります。エレベーターの維持管理義務は、所有者・管理者にあるもの。リニューアルするべき時期なのか、きちんと確認しましょう。

エレベーターを設置してから
約25年が経った

築年数25年が経つ・経ったタイミング

エレベーターの法廷償却耐用年数は17年、建築物維持保全協会のLCC(ライフサイクルコスト)評価指針では計画耐用年数が25年、エレベーターメーカーによる耐用年数は20~25年となっています。定期的なメンテナンスは行っていても、日々稼働するエレベーターの部品は劣化が進みます。故障やトラブルがなくても、設置後20~25年のタイミングでリニューアルを行いましょう。

メーカーによる部品製造終了のお知らせが届いた

メーカーによる部品製造終了のお知らせが届いた...

各エレベーターメーカーは、油圧式の部品供給を2020年以降から順次停止することを発表しています。万が一、急にエレベーターに不具合や故障が起きたとき、必要な部品の供給まで時間がかることで、エレベーターの利用者に迷惑が掛かる可能性もあります。メーカーから部品製造終了のお知らせが来たら、速やかにリニューアルを検討しましょう。

エレベーターの不調や
トラブルが続いている

エレベーターの不調やトラブルが続いている

劣化や何らかの要因によって不調やトラブルを起こしている場合は、前倒しでエレベーターリニューアルを行うタイミングの一つです。エレベーターは命にも関わるもの。不具合が続くと、管理・保有者に対する利用者の不信感が募りかねません。トラブルの度に修理を繰り返すという状態が続くのであれば、リニューアルを行うタイミングとして検討すると良いでしょう。

計画的な相談を!

希望通りの日程で
依頼できるわけではない!

依頼すればすぐに対応してもらえると思われがちですが、エレベーターリニューアルは必ずしもすぐに対応してもらえるわけではありません。エレベーターの利用頻度が下がる、お盆や年末年始に依頼が集中しやすいためです。
リニューアルを検討する際には、早めに業者に相談するとよいでしょう。

比較検証!

コスト重視?安心感重視?
大きく2つに分けられる
エレベーターリニューアル業者

エレベーターリニューアル業者には、エレベーターの開発・製造もおこなうメーカー系と保守管理を専門とする独立系の企業があります。エレベーターリニューアルを依頼するなら、それぞれの業者の特徴を理解しておくことが重要です。

独立系

独立系
エレベーターメンテナンス
専門の会社
独立系のエレベーターリニューアル会社は、メーカー系統に属さないメンテナンス会社。基本的には、対応できるエレベーターのメーカーに縛りがなく、ほとんどのメーカーのメンテナンスに対応しています。複数メーカーのエレベーターを保有している場合でも、独立系ならまとめて依頼することができるので、管理しやすくなるでしょう。
メンテナンス専門
だからこそ
費用を抑えられる
独立系のエレベーター会社は、メンテナンス専門。メンテナンス費に開発費が含まれるメーカー系に対して、コストを抑えられる傾向があります。ただし、主要となる部品をメーカーから取り寄せるため、多少の準備期間がかかる場合もあるため注意が必要です。
ロープ式・油圧式ともに
使える部分は残す、部分リニューアルに対応
エレベーターリニューアルの種類には、エレベーターを丸ごと新しくするフルリニューアルと劣化している部品だけを変える部分リニューアルに大きく分かれます。独立系が対応しているのは、部分リニューアル。使える部分はそのまま利用するので、短工期かつ低コストでのリニューアルが叶います。
歴史の変化で
実績を伸ばしている
会社も多数存在
エレベーターリニューアル業界は、1993年までメーカー系が独占していて、独立系には部品が供給されない状況でした。そこで独立系が訴訟を行った結果、メーカー系から独立系に部品供給が行われるように。このような背景からメーカー系よりも歴史が浅く、知名度は低めですが、実績を多く積む会社も多数存在するようになっています。
コスト重視なら
独立系がおすすめ

できるだけコストを抑えたい方は、独立系の業者がおすすめです。このサイトでは、独立系のエレベーターリニューアル業者をエリアごとに紹介しています。実績のある会社も紹介しているのでぜひチェックしてください。

独立系のエレベーター
リニューアル業者を見る

メーカー系

メーカー系
エレベーターの開発・製造も行う
メンテナンス会社
メーカー系のエレベーターリニューアル会社は、エレベーターの開発や製造もおこなっている会社。基本的には、自社製品のメンテナンスを行います。そのため、エレベーターのメーカーによっては、対応できない場合があるため注意しておきましょう。
価格を抑えて販売し、
メンテナンス費を大きな収入源とする
メーカー系の会社では、エレベーターの販売費をできるだけ抑えるために、メンテナンス費にエレベーターの開発費を上乗せしていることが多くあります。認知度拡大のための広告費もかけているケースが多く、その分コストが上乗せされることも。リニューアルのコストでは、独立系よりも高くなる傾向があります。
ロープ式は全リニューアル方法に対応!
油圧式は方法が限定されることも
ロープ式エレベーターが主流になっていることから、メーカー系の会社では、油圧式エレベーターの製造終了を発表しています。そのため、油圧式については部分的なリニューアルに対応していないケースもあります。一方で、ロープ式においては部分リニューアル・フルリニューアルともに対応しています。
長い歴史のある大手が多く、
認知度が高い
エレベーターの開発・製造には莫大なコストがかかるため、必然的にメーカー系は大手の会社が中心となります。資金も潤沢であることが多いので、広告費を投資することも多いです。特に5大エレベーターメーカーといわれる三菱、日立、日本オーチス、東芝、フジテックは、大手というブランド力があり、安心感のある会社といえます。
安心感重視なら
メーカー系がおすすめ

ブランド力や知名度の高い、安心感のある業者に依頼したいならメーカー系がおすすめです。自社エレベーターへの知見や経験、実績が豊富であることに間違いありません。メーカー系の中でも、5大メーカーといわれるエレベーターリニューアル業者について紹介します。

メーカー系のエレベーター
リニューアル業者を見る

【エリア別】
コストを抑える独立系

エレベーターリニューアル業者

エレベーターの開発費がかからず、コスト抑えたリニューアルが可能な独立系の業者を紹介します。各エリアに営業所や支店がある会社のみ紹介しているので、リニューアル後に万が一トラブルや不具合が発生したときにも迅速に対応してもらえるでしょう。

北海道

北海道の中でも札幌市や旭川市、函館市などは多くのオフィスや商業施設、観光施設が集結しているエリアです。北海道にある独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介します。

埼玉

さいたま市や川越市、川口市、越谷市などに、多くのオフィスやマンション、商業施設が集結している埼玉県。埼玉県にある独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介します。

千葉

千葉県は人気のテーマパークや国際空港など、観光地に多くのエレベーターがあり高い安全性が求められます。千葉県のエレベーターリニューアルに関する補助金情報や独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介します。

東京

人口が多く、利用頻度も高いことからリニューアルの必要性が高まりやすい東京都。東京都のエレベーターリニューアルに関する補助金情報や独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介します。

神奈川

横浜市や川崎市、相模原市などに、多くのオフィスやマンション、商業施設が集結する神奈川県。
神奈川県にある独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介します。

静岡

静岡県の中でも静岡市や浜松市、富士市などは、人口が多くオフィスやマンション、商業施設も集結しているエリア。静岡県にある独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介します。

愛知

政令指定都市・中枢中核都市に指定されている名古屋市には、多くのオフィスやマンション、商業施設が集結しています。愛知県にある独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介します。

京都

歴史が深い街並みの他に、多くの観光施設がある京都府。観光客が安心して利用できるようにエレベーターリニューアルは必須です。ここでは、京都府にある独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介します。

大阪

多くのオフィスやマンション、商業施設が集結している大阪府。ここでは大阪府の補助金情報や、大阪府にあるエレベーターリニューアル業者を紹介します。

兵庫

兵庫県の中でも神戸市に多くのオフィスやマンションが集結しています。
ここでは兵庫にある独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介しています。

広島

広島県の中でも人口が多い広島市に多くのオフィスやマンション、商業施設が集結しています。ここでは、広島県にある独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介します。

福岡

福岡市や久留米市、北九州市に、多くのオフィスやマンション、商業施設が集結する福岡県。ここでは、福岡県にある独立系のエレベーターリニューアル業者を紹介します。

【メーカー系】安心感のある
エレベーターリニューアル業者

ブランド力や知名度を重視して業者を選ぶならメーカー系がおすすめです。ここでは、5大メーカーといわれる三菱・日立・東芝・日本オーチス・フジテックが行うエレベーターリニューアルについてそれぞれ紹介します。

三菱電機ビルソリューションズ
引用元:三菱電機ビルソリューションズ
https://www.meltec.co.jp/

三菱電機の関連会社で、エレベーターリニューアルを行う「三菱電機ビルソリューションズ」。ロープ式向けの3種類のプランと油圧式のフルリニューアルプランが用意されています。国内に約280ヶ所のサービス拠点があり、迅速に対応してくれます。

日立ビルシステム
引用元:日立ビルシステム
https://www.hbs.co.jp/

日立製作所の関連会社でエレベーターリニューアルを行っている「日立ビルシステム」。
ロープ式標準型やオーダー型、小型向けのプランと油圧式標準型やオーダー型のプランがあります。安全対策や災害対策、感染症対策など時代に合ったリニューアルに対応しています。

東芝エレベータ
引用元:東芝エレベータ
https://www.toshiba-elevator.co.jp/elv/index_j.html

東芝の関連会社でエレベーターリニューアルを行っている「東芝エレベータ」。ロープ式や油圧式、ニーズに合わせたパッケージプラン、時短リニューアルプランがあります。エレベーターの利便性を高める、充実したサービスが特徴的です。

日本オーチス
引用元:日本オーチス
https://www.otis.com/ja/jp

日本オーチスが行うエレベーターリニューアルは、160年以上の歴史を持つオーチスの技術を活用した工事が魅力的です。主に3種類のプランがあり、高い耐久性や短期間化、快適性、省エネなどを実現してくれます。

FUJITEC(フジテック)
引用元:フジテック
https://www.fujitec.co.jp/

FUJITEC(フジテック)が行うエレベーターリニューアルには、フルリニューアルや制御リニューアル、制御盤交換、安全性向上のパッケージプランがあります。タッチレスによる快適性や換気装置、利便性、意匠性を高められることが特徴的です。

エレベーターリニューアルの
基本

エレベーターリニューアルを行うためには、工事を依頼するタイミングやリニューアルにかかる費用、活用できる補助金、リニューアルの種類や期間などを知っておくことが大切です。ここでは、それぞれの基本的な情報について詳しく解説します。

リニューアルのタイミング

リニューアルのタイミング

エレベーターのリニューアルは適切なタイミングで行わないと、利用者に迷惑がかかり、退去に繋がる可能性もあります。リニューアルを検討するべきタイミングは主に3つです。どんな場合にリニューアルするべきか詳しく解説します。

リニューアルの費用や補助金

リニューアルの費用や補助金

エレベーターのリニューアルは、依頼する業者やリニューアル工事の種類によって大きく変わります。
また、各自治体が行っている補助金を利用することで、費用を抑えられる場合も。ここでは、リニューアルにかかる費用や補助金について詳細に解説していきます。

リニューアルの種類

リニューアルの種類

エレベーターをすべて変えるフルリニューアルと、使えるところはそのままに、劣化している部品のみ交換する部分リニューアルの2種類に大きく分けられます。その中でも、部分リニューアルにはその程度によって準撤去リニューアルと制御リニューアルに大別されます。それぞれ、工事の方法や工期等を解説しています。

リニューアルの期間

リニューアルの期間

エレベーターのリニューアルは、リニューアルの種類によって工期が異なります。工事期間をできるかぎり短縮する方法や、使用停止期間を無しにできる方法もあります。ここでは、工事期間について詳細に解説していきます。

エレベーターリニューアルの
事例

マンションやビルのエレベーターリニューアル工事のタイミングや種類、かかる費用、工期、工事中の利用者への対応について、事例を踏まえて解説します。

マンション

マンションにおけるエレベーターリニューアルでは、実際の写真や施工内容、工事のタイミング、リニューアル後の使用感などの施工事例を掲載しています。入居者への対応方法も解説しているのでぜひ参考にしてください。

ビル

ビルにおけるエレベーターリニューアルでは、実際の写真や施工内容、工事のタイミング、リニューアル後の使用感などの施工事例を掲載しています。ここでは、ビルのエレベーターのリニューアル施工事例について詳しく解説します。

エレベーターリニューアルの
お役立ちコラム

エレベーターリニューアルについて、リニューアルの内容やプラン、費用、工期の他にも知っておきたい情報がいくつかあります。ここでは、リニューアルの必要性や業者の選び方などについて詳しく紹介しています。

リニューアルの必要性はある?

「定期点検も行っていて、トラブルもないからリニューアルの必要はないのでは?」そう思っている人もいるのではないでしょうか?しかし、エレベーターは日々動いているものなので、経年劣化は避けて通れません。ここでは、リニューアルの必要性について具体的に解説していきます。

独立系とメーカー系の違いは?

エレベーターリニューアルを行う業者には、独立系とメーカー系の2つがあります。それぞれ、かかる費用や工事期間、対応範囲、リニューアルプランなどが異なってきます。ここでは、独立系とメーカー系の違いについて項目ごとに詳しく解説します。

リニューアル前に
押さえておきたい
エレベーターのこと

エレベーターリニューアル業者に依頼し工事を始める前に、エレベーターの基本を抑えておきましょう。エレベーターの種類や関係する法律、リニューアル後のメンテナンスなど、基本情報を紹介します。

エレベーターには、その仕組みの違いから主に「ロープ式」と「油圧式」に分かれます。既設エレベーターの中では油圧式のエレベーターが多いですが、メーカーの油圧式エレベーター製造終了に伴い、現在の主流はロープ式となっています。

エレベーターに関する法律には、安全性を確保するために設計・製造、設置における基準を規定する建築基準法があります。他にも、積載荷重が1トン以上のエレベーターの場合は労働安全衛生法に基づいた検査義務があります。

エレベーターリニューアル後には、メンテナンスにおいても同じ会社に依頼することが多いでしょう。会社によって、メンテナンスの種類が変わるため、個々のニーズに合ったメンテナンスが受けられる会社を選ぶことが大切です。では、詳細に見ていきましょう。

エレベーターの制御盤は、エレベーターを動かす上で主要となる部分です。制御盤には耐用年数があり、傷みがあることで故障やトラブルを引き起こすことがあります。そのため、制御盤のリニューアル・改修工事が大切です。

エレベーターの巻き上げ機は、エレベーターを動かす上で制御盤と同様に主要な部分です。経年劣化する部位であり、故障やトラブルを予防するためにリニューアル・改修工事を行うことが重要になります。

エレベーターのロープは、エレベーターを動かす上で欠かせない部品です。長期的な使用によりロープが傷んでしまったり、錆びてしまうことから故障やトラブルにつながる可能性があります。ここでは、ロープの修理方法や業者の選び方を詳細に解説します。